Blog

勝手にSDGs!人と環境に優しい日焼け止めとは?

ハワイ州では2021年1月1日よりサンゴ礁に影響を及ぼす有害成分を含んだ日焼け止めの販売が禁止にされたことをご存知でしょうか。アメリカ合衆国国立公園局によると、年間4,000~6,000トンの日焼け止めが、人の皮膚からサンゴ礁の海域に流れ出ており、この日焼け止めに含まれる一部有害成分(オキシベンゾンやオクチノキサート)が、サンゴ礁を白化させ、死滅させてしまう原因と言われています。また、アメリカ海洋大気庁(NOAA)によると、ハワイ州ではハワイ島で56%、マウイ島で 44%、オアフ島で32%のサンゴ礁が白化を受け死滅していると言われています。*1

サーフジャック ハワイでは人と環境に配した日焼け止めを販売している「Raw Elements(ロウ エレメンツ)」とパートナーシップを組み、1階のパブリックスペースに無料でご利用いただける日焼け止めディスペンサーを設置しています。ロウ・エレメンツの日焼け止めはナチュラル・オーガニックと認定されている成分を使用しており、肌にも地球にも優しい日焼け止めです。プールサイドでのチルアウトやビーチへお出かけなど、ご自由にご利用いただけます。

*1 引用元:ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii

Raw Elements(ロウ エレメンツ)WEBサイト:https://www.rawelementsusa.com/

Get Updates