ホテルのご案内

アメニティー

プールで泳いだり、美味しい料理に舌鼓をうったり。そんなリゾートらしい光景もここサーフジャックでは他とは違うエッセンスで彩られます。ゆったりとくつろぐ空間にある‘わくわく’する瞬間を皆様にお届けできれば。

スイムクラブ

ここにあるのはプールだけじゃない。プールサイドバーでサーブされる美しいカクテルに、スクリーンに写し出されるヒップな映像。映画のプレミアや、ファッショナブルなパーティーなどのイベントが多数行われ、ハワイの今をリードする中心のような場所です。最旬でありながらここに流れる時間はハワイの風のようにゆるやかであたたかい。オープンな空気に身を任せ、ハワイを共有する時間をゲストの方々に持っていただくこと、それこそが忘れられない思い出として皆様の記憶に残ることでしょう。

マヒナ&サンズ

ホノルル出身のシェフ・エド・ケニー氏の4軒目となるレストラン「マヒナ&サンズ」。ハワイ産のオーガニックな食材を厳選し、ハワイに住む多様な民族によって高められた食文化をアイランドスタイルとして融合させたケニー氏のセンスが光る。洗練されたカジュアルな雰囲気のなか、斬新かつユニークな料理の数々をワイキキの真ん中で味わうことができます。シェフ・ケニー氏の姉妹レストラン「タウン」、「カイムキ・スパレット」、「マッド・ヘン・ウォーター」がホノルルの食文化の中心であることに続くよう、「マヒナ&サンズ」では各国のお客様に味わっていただき、ハワイの食を世界に発信できればと願っております。
*当ホテルご宿泊のお客様には、ホスピタリティーの一環として、マヒナ&サンズでご利用いただける$10のダイニングクレジットを進呈しております。

オリーブ&オリバー

エメラルドグリーンの海に白い砂浜。全米のベストビーチにも選ばれたカイルアのビーチスタイルをコンセプトにした人気のセレクトショップ「オリーブ」と「オリバー」が、ワイキキにニューコンセプトでスタートした「オリーブ&オリバー」。メンズ、レディスの品揃えに、サーフジャックのオリジナル商品も加えた秀逸なセレクトが話題となっております。ショップに併設のエスプレッソバーでは早朝よりコーヒーもお召し上がりいただけます。

宿泊特典

当ホテルのサービスやアクティビティーをお楽しみいただくため、1日1室当たり$25のアメニティーフィーが加算されます。この料金には「マヒナ&サンズ」でご利用いただける$10分のダイニングクレジット、ビーチクルーザー(自転車)の無料貸し出し、ボードゲームや書籍のレンタル、カフェ・リュクスのコーヒーサービス(毎日)、英字新聞(毎日)、市内&トールフリーの通話料、バスケット入りの地元のスナック、スイムクラブのトートバッグとタオルのレンタル、Wi-fiが含まれます。

アメニティー
  • 24時間対応フロントデスク
  • 館内Wi-Fiアクセス
  • ショップ(オリーブ&オリバー)
  • レストラン・ルームサービス(マヒナ&サンズ)
  • ザ・サーフジャック・オリジナルコーヒー(毎日)
  • 英字新聞(毎日・ロビー)
  • 自転車、ボードゲームとライブラリーのご利用
  • 「スイムクラブ」トートとタオルの利用
  • ウェルカム・ローカルスナック(室内、到着時)
  • スペシャルなコーヒールームサービス(有料)
  • スイムクラブ・プール・カバナ
  • 「スイムクラブ」カルチャープログラム
  • 館外でのアクティビティーのご紹介
  • バレーパーキング($35/1日)
  • 飲料水(毎日2本・室内)
  • 「マヒナ&サンズ」ダイニングクレジット($10分)

スイムクラブ

1日の終わりは、仲間たちと美味しいカクテルでのんびり。
毎日午後6時~午後9時までは大人だけのスイムタイムです。

華やかなパーティーに、極上のカクテル。オープンエアのプールサイドでは気の置けない仲間たちはもちろん、はじめて出会う人たちとも至極自然に会話がはずみ、ハワイのアロハに包まれる時間を過ごせてしまう。旅を楽しむアドベンチャーのひとつがスイムクラブでの体験であってほしいと願っております。

トークセッション

地元をはじめ州外からもあらゆる分野の人々が集まる。アーティスト、ミュージシャン、フォトグラファー、映画制作者、建築家、大学教授にシェフなど。プールサイドで思いもよらぬ貴重な出会い、会話をお楽しみください。

プールサイドでの映画上映

プール上に掲げられた大型スクリーンにて様々なジャンルの映画をご鑑賞いただけます。

ミニライブラリー

当ホテルでは、ボードゲームや本などをご用意しております。お気軽にご利用ください。

大人のスイミング

1日の終わり、毎日6時~9時までは大人だけのスイミングタイムです。

周辺の見どころ

サーフジャック周辺には素敵なスポットがたくさん。そして少し足をのばして田舎を感じるのもいい。ハワイを心ゆくまで満喫してください。

ワイキキ

世界有数のリゾート・ハワイ。その中心にあるワイキキにはハワイ・アイコンともいえるランドマークがたくさんあります。サーフィンの神様デューク・カハナモクの銅像は記念撮影の定番スポットですし、青い海に映えるピンクパレスはワイキキを象徴するあこがれの場所。そんな古き良きに加えて、日々進化するワイキキ。 世界一のマイタイをサーブするバーに、美味しい近くのビストロに、クィーンズビーチでのサーフィンのこつなど、ワイキキでしか体験できないスペシャルな情報などもございます。ぜひお気軽にスタッフにお尋ねください。

チャイナタウンとホノルル・ダウンタウン

サーフジャックから車で約15分。若者、エグゼクティブ、ビジネスマン、ローカルアーティストなどヒップな人々が集うダウンタウン&チャイナタウンでは、おしゃれなショップに、予約の取れない人気レストラン、地元食材のおいしいカフェ、ギャラリー、ヴィンテージショップなど様々なスポットが点在してあります。またアートへのサポートも熱く、毎月第一金曜日に開催される「ファーストフライデー」は地元アーティストたちと交流できる貴重な機会。ぜひお見逃しなく。

カカアコ

急ピッチで新しい街作りが行われているカカアコ地区。毎年行われるアートイベントPow Wow Hawaiiの中心地としても知られ、街はたくさんのアーティストの壁画であふれ、散策するのにとても楽しい場所です。散策の後には、最近人気のクラフトビール専門店や、素敵なカフェでブレイクを。

ハレイワ

オアフ島を代表するビーチタウン・ハレイワ。ノースショアの中心部にあるアースカラーがかわいい小さな田舎町ではのんびりが似合う。フリフリチキンやガーリックシュリンプのプレートランチを買ってビーチに行ったり、ハワイっぽい雑貨を探したり、有名なシェイブアイスを食べたり。島巡りの途中に立ち寄っても、1日ゆったりとこの町で過ごしても、どちらでもメローな空気がオールドハワイへと導いてくれる体験となるでしょう。

ダイヤモンドヘッドとカピオラニ公園

ザ・サーフジャックから約3キロの場所に位置しローカルにも観光客にも人気です。カピオラニ公園ではヨガや、ランなどをアクティブに楽しんだり、大きな木の下でお昼寝したり、まるでハワイに住んでいるかのように過ごすことができます。ハワイでいちばん有名な登山スポット・ダイヤモンドヘッドは登山口から約40分のハイキングですので、ファミリーでもぜひトライしてみてください。。またダイヤモンドヘッドの海側には展望台もあり、サーファーに混じって波チェック。12月から4月くらいまではザトウ鯨の潮吹きも見られます。

コラボレーター

館内には地元アーティストの作品がたくさん。ザ・サーフジャックをサポートしてくれる素敵なコラボレーターたちをご紹介します。

クリエイティブ・コラボレーター

マット・タピア(Matt Tapia)

レタリングアーティスト

プール底や客室案内サインのタイポグラフィやイラストを手描きしました

Website

ウッドゥン・ウェーブ(Wooden Wave)

アーティスト

ハワイ在住の夫婦がチームとなってザ・サーフジャックのために特別な壁面アートを制作しました

Website

レンダン・モンロー(Brendan Monroe)

アーティスト

会議室に描かれた、流水に発想を得た壁面アートを描きました

Website

アンドリュー・マウ(Andrew Mau)

デザイナー

客室のバスルーム内のモアナ・バニティ・ミラー(鏡)やマヒナ&サンズ内の「シャカ」の壁紙のデザインを手掛けました

Website

ハワイ陶芸家協会(Hawaii Potter’s Guild)

アーティスト

マヒナ&サンズで使用するオリジナルの陶器製ボウルを手作業で制作しました

Website

ニコ・メイド(Nico Made)

アーティスト

極楽鳥花柄の壁紙をカスタムメイドでデザインしました

Website

パイコー(Paiko)

植物専門ブティック

共用スペースに飾られているビカクシダの装飾を担当しました

Website

ジェフ・グレス(Jeff Gress)

アーティスト

マヒナ&サンズに配置されたピクニックテーブルにカスタムペイントを施しました

Website

マーク・クシミ(Mark Kushimi)

フォトグラファー

フロントデスクに飾られたノースショアとサウスショアの写真を撮影しました

Website

ジェイソン・ダウ(Jason Dow)

ジュエリーデザイナー

ザ・サーフジャックの銅製サインの古色処理及び金属処理を施しました

Website

マーク・チャイ(Mark Chai)

アーティスト

マヒナ&サンズのランプをカスタムデザインしました

Website

カメアー・ハーダー(Kamea Hadar)

アーティスト

マヒナ&サンズの壁にかけられたポートレートを描きました

Website

レトロスペクト・デザインズ(Retrospect Designs)

デザイナー

客室内の木製アートパネルとザ・サーフジャックの木箱をデザインしました

Website

アレックス・ヤーネス(Alex Yanes)

アーティスト

ロビーに配されたアート作品を手掛けました

Website

ジャスパー・ウォン(Jasper Wong)

壁面アート共同キュレーター

<情報近日公開>

Website

クリス・ゴトー(Kris Goto)

アーティスト

客室内の額装アート作品

Website

ピーター・グラスフォード(Peter Glassford)

アーティスト

ペントハウスフロアに配された木製アートパネル

Website

<デザイン・コラボレーター>

スタジオ・コレクティブ(Studio Collective)

インテリアデザイン

客室デザインとスタイリングを担当

Website

ザ・バンガード・セオリー(The Vanguard Theory)

インテリアデザイン

共用スペース及びレストランのデザインとスタイリングを担当

Website

ウォール・トゥ・ウォール・スタジオズ(Wall-to-Wall Studios)

ブランディング

ブランド・パーソナリティ、ヴォイス、ビジュアル、ロゴをクリエイトしました

Website

トリ・リチャード(Tori Richard)

ファブリックデザイン

客室のヘッドボードのビンテージアートワークファブリックや男性スタッフ用ユニフォームのデザインを手掛けました

Website

ロベルタ・オークス(Roberta Oaks)

デザイナー

女性スタッフ用ユニフォームをデザインしました

Website

<エクスペリエンス・パートナー>

ジョン・クラーク(John Clark)

サーファー&ライター

生まれた時からのサーファーで、ザ・サーフジャックにおけるサーフィン歴史家

Website

ウェルネス

心と体を一体化させて

 

心も体もリフレッシュできるウェルネストリートメントやアクティビティーをホテル内外でご提供致します。

ホテル内アクティビティー

ザ・リブート:瞑想と呼吸法(ペントハウス・ラナイにて)

ザ•リブートは、「ソーシャル」と「ウェルネス」という2つの概念を融合する新しいコンセプトイベントです。ハッピーアワーやエクササイズの代わりに、集まったゲストとともに60分間、呼吸を整えることからスタートして、深呼吸をし、美しいサンセットタイムを共有します。#thehappyhour を体験しに、ペントハウス•ラナイへぜひお越しください。
講師;トレバー・スプリング

ピラテス・オ・カ・ラ(ペントハウス・ラナイにて)

ワイキキの街並みの向こうに沈む大きな太陽を眺めながらのピラテス体験。ハワイ生まれのヨギーと、ピラテスのインストラクター•チェルシー•ペックによるダイナミックなグループピラテスにご参加ください。

自転車&ガイド

カスタムのソレ・バイシクルでワイキキを探索してみませんか? 自転車ルートガイドもご用意しております。


ホテル外アクティビティ

ピラテス・オ・カ・ラ

ペントハウスで行っているピラテス・オ・カ・ラが持つダイヤモンドヘッドのピラテススタジオでは、プライベートからグループレッスンまで、お客様のご要望に応じたセッションを受けられます。www.pilatesokala.com